読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のどこかで青空教室

2016年4月スタート‼元中学校教師による世界放浪記。人生一回きり!やりたいことやらないと♪

インドなんて大嫌いの反対の反対の反対!〈インド②〉

「君の名は。」の大ヒットとともに最近RADWIMPSが話題みたいですね。

 

野田洋次郎さんの歌詞の中に、

 


いいんですかーいんですか、


こんなに国を嫌って良いんですか、


いいんですよーいんですよ♪

 

 

というものがあります。
嘘です。
本当はもっと素敵な歌です。

 


はっきり言いましょう。


インドなんて大嫌い!

 

 

 

以下、理由をまとめました。

 

 

 


1、人がウジャウジャ。
人口ランキング世界第2位に君臨し、2020年台後半にはトップに躍り出ると言われているインド君。

そのためか人が多い!人口密度が高い!よって暑い!よってウザイ!笑

当然ながら田舎に行けばのどかな場所もたくさんありますが、都市部は・・・。

f:id:itsutabi:20160928185906j:image


2、きったねぇ。

彼らにとって全フィールドがゴミ箱です。

ゴミ箱どこにあるのー?って聞いたら地面を指差して「ここ♪」って言ってきます。

そこゴミ箱じゃなくて地面ですから!!

何でゴミをポイポイしちゃうの?って聞いたら、生まれたときからみんなそうしているから普通なんだよねーだって。

彼らは聖地だったとしても平気で唾を吐き捨て、ゴミを捨てちまう。

もっと自分たちの国、自分たちのふるさと、大事にしていこうぜ!!

f:id:itsutabi:20160928190233j:image

 

 

3、あっつい。

暑い。とにかく暑い。緯度が低いからなのか、視覚的に涼しいものが無いからなのか、暑すぎ!!

フィリピンとかも暑かったけど、暑さの種類が違う気がします。

もう何もする気になりません。

もしエアコンに当たりたかったら高級ホテルや高級カフェに行かなくてはならないのがインド。

ちなみにファン無しの部屋で夜寝ると地獄。何にせよ毎日汗でぐっちゃぐちゃになる日常。

 

 
4、くっさい。

街中に牛の糞尿やら、人の糞尿やら、ありとあらゆる種類のゴミが落ちています。

そして一旦雨が降るとそれらがスーパーミックスされて良い具合に道に広がります。

最高にフローラルな匂いを発生させる街の出来上がり♪

 

 

5、牛が邪魔。

ヒンドゥー教にとって牛は神様の乗り物。

よって街中に牛様がいらっしゃいます。

牛様によって引き起こされる交通渋滞。

牛様の糞を踏んでしまう。

牛様におしっこをかけられる。

など、素敵な旅のスペシャルメモリーを僕らに与えてくれる存在です。

めっちゃ邪魔やねん!

f:id:itsutabi:20160928191027j:image 

 


6、クラクション半端ない。

僕がインドが嫌いな理由ナンバーワンがこれです。

彼らにとってクラクションを鳴らすことは普通です。

むしろ鳴らさないやつは異端児。

街を歩いているとクラクションが聞こえない瞬間はありません。

交通弱者に対する配慮なんて皆無。

1ミリでも自分の邪魔をしている、もしくは邪魔をする可能性がある場合は永遠にクラクションを鳴らし続けて相手をどかします。

やらなきゃ、自分がやられる。

そう、インド交通界はまさしく戦場なのです。

 

 

 

ね?

面倒くさいでしょう? 

 

 

 

もちろん分かってます。

南インドやラダック、コルカタなどなどインドは広い国土をもち、多様な人々が住み、色々な側面があるから一括りにこれがインドや!なんて言えないこと。

むしろそっちに行けよバカ野郎、バラナシとかだけ行って表面だけのインドみて語ってんじゃねぇよ!という批判も受け付けます。

 

 

 

しかしながら、正直言ってラクソウル、パトナー、バラナシと来た時点で僕の心は限界を迎えました。

 

いやー、実はインドは2回目でそれなりに楽しみにしていたはずなんですが・・・

 

今は完全にインドな気分じゃなかった!!

ということですね笑

 

 

ただ、悪いところだけじゃないんですよ!


カレーの美味さは天下一品。

f:id:itsutabi:20160928192005j:image
チャパティ(ナンはインドでは高級)も劇的に美味い。


ラッシーだって美味しい。


インド料理は密かに大好きだったりします。

※お腹を壊したことは一度もありません♪

 

物価も安いですし!!


あとはガンジス川で黄昏るのも大好きです。

f:id:itsutabi:20160928192519j:image

ガンガーにしかない洗練された独特の雰囲気。

人が少ないガートに佇む時間は本当に癒されます。

 

 

 

 

以下、写真で振り返るインドメモリーズ!!

 

でました!インドの鉄道!! 

f:id:itsutabi:20160928192648j:image

 

別れを惜しむカップル!? f:id:itsutabi:20160928192702j:image

 

こうして名表が貼ってあったりします。 f:id:itsutabi:20160928192710j:image

 

ファン無しの車両はこう・・・牢獄みたい。笑 f:id:itsutabi:20160928192715j:image

 

 

ザ・バラナシ!!

f:id:itsutabi:20160928192901j:image 

f:id:itsutabi:20160928192907j:image

f:id:itsutabi:20160928192918j:image

 

史上最高レベルにオシャレ感を出したバラナシの路地。笑

f:id:itsutabi:20160928192826j:image

 

早朝5時に起きてガンジス川の沐浴を見に行きます。

f:id:itsutabi:20160928192955j:image 

 

牛さん。寝ているのか、死んでいるのか?

f:id:itsutabi:20160928193012j:image

 

人さん。寝ているのか、死んでいるのか? f:id:itsutabi:20160928193026j:image

 

暗いうちから大勢の人が集まっています。

f:id:itsutabi:20160928193038j:image

 

彼らがガンジス川に浮かべているのはこれ。 

f:id:itsutabi:20160928193045j:image

願いを込めて祈ってからガンガーに浮かべます。 

 

 

明るくなるとさらに多くの人が集まってきます。 f:id:itsutabi:20160928193052j:image

 

 

沐浴をする人たち!

f:id:itsutabi:20160928193107j:image

 

おでこに赤いのをつけるシーン。 

f:id:itsutabi:20160928193114j:image

※髪の毛の生え際に赤いのをつけている人は既婚者の印だそうです。

 

 

 洗濯だってガンジス川。

f:id:itsutabi:20160928193125j:image

 

水汲みだってガンジス川。

f:id:itsutabi:20160928193137j:image

※さすがに飲料用ではなく、お祈り用だそうです。 

 

ヒンドゥーの修行僧サドゥー。 

f:id:itsutabi:20160928193142j:image

 ※近年お金をもらうために変装しているだけのビジネスサドゥーが増加中らしい笑

 

 

日本の女子高生並みにメイクアップに余念がないインド人。

f:id:itsutabi:20160928193149j:image

f:id:itsutabi:20160928193157j:image

 

神様の乗り物牛様が怖くて道を通れない可愛い少女。笑

f:id:itsutabi:20160928193214j:image

 

ガンジス川でたそがれちゅう。 

f:id:itsutabi:20160928193228j:image

 

たそがれ三兄弟。

f:id:itsutabi:20160928193235j:image

 

こうしてたった5日間のインド旅が終了しました。

 

散々ここまで文句タラタラ言っておいてなんですが・・・

 

きっとインドはまた訪れるでしょう。

 

なぜって?

気になるからですよ!!

あれです、好きな女の子に意地悪しちゃうアレ。笑

バラナシだってまた行きたくなるだろうし、ラダックもハンピもコルカタもムンバイもダージリンも行きたい!!

 

こんなに刺激的で魅惑の国、世界中探しても多分見つからないですよ!

 

野田洋次郎さんだって、

 

君の嫌いになり方を、僕は忘れたよ。

どこを探しても見当たらないんだよ。

あの日どうせなら・・・

 

って言ってますからね。

 

 

 

結果、僕はインドに恋しているんですね。

 

 

 

しかしながら!!!!!

 

ヨーロッパも見てみたい!!

 

何という浮気野郎!笑

 

ということで遂にアジア編が終了し、

 

ヨーロッパ編がスタートです*(^o^)/*

 

最初の国は北欧、ノルウェー!!

 

お楽しみに♪ 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村