読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のどこかで青空教室

2016年4月スタート‼元中学校教師による世界放浪記。人生一回きり!やりたいことやらないと♪

いや、タイという国は好きです・・・でもさ。〈タイ①〉

タイ

サワディークラップ!


結論から言いますよ。

 

タイという国は好きですよ。

 

観光資源も豊富だし、人も暖かいし。

 

 

でもね、

 

 

タイ料理は本気で無理・・。

※本日の記事はタイ料理に関しての文句を書き連ねておりますので、人によっては気分を害される可能性があります。タイの方、タイ好きの方には非常に失礼な内容かとも思われますのでお読みいただく際にはご注意ください。

また、完全なる個人的主観ですので寛容なお心でお読み頂ければ幸いでございます。

 

 

 

僕とタイ料理の歴史は古く、遡ること10数年前。

 

そう、僕が高校生だったあの頃。

 

あれは夏休みの部活の帰り道でした。

 

いつものマックではなく、ちょっと冒険しようということでタイ料理屋に行ってみたのです。

 

とりあえずカレーなら美味しいっしょ!ということで、タイカレー(グリーンカレー)を注文。

 

「いやーグリーンカレーどんなんだろうね!?」
「まぁバーモンドカレー的なものがちょっとタイ風味になってるだけでしょ!」

 

そんな会話を交わしながらグリーンカレーを待ちます。

 

そして現れたグリーンカレー。

 

想像を遥かに凌駕した匂いと色。

 

まぁ、とりあえず食べるしか無いわけです。

 

 

そして・・・

 

 

せーのっ!

モグモグ。

モグモグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うぉぉぉぉ、

まっずうぅ・・。

こいつはヤベェ。

 

誰もがそう思った瞬間でした。

 

①エスニックなオシャレ店に初めて入ってかなりビビっていたが、いきがった高校生らしくカッコつけて「いつも通りきましたけど何か?やっぱ夏はグリーンカレーっしょ。」的なテイストでオーダーしてしまった。

②常に100円マックしか頼めない高校生の微々たる財産をここに使ってしまった。

 

=残せない!!

 

 

 

と言うことで僕らは密かに第1回全国高校グリーンカレー選抜甲子園ジャンケン大会をこっそり開催することにしました。

ジャンケンを繰り返し、負けた奴がその度に全員のカレーを一口ずつ食べていく大会です。

 

その時の僕らのジャンケンに賭けた熱量と言ったら、甲子園予選地方大会決勝9回裏2死満塁1点ビハインドでボテボテのサードゴロを打って1塁へ全力疾走してヘッドスライディングしてセーフかアウトかどっちだぁぁぁぁぁぁぁ!?くらいの熱さがありました。

 

 

死にそうになりながら何とか完食。

そんな16歳の甘酸っぱい夏。

 

 

はい、俗に言うタイカレー事件です。

 

 

 

 

 

前置きが長くなりました。

 

とりあえず、あの事件、以来僕はタイ料理に関して完全なトラウマを持ち、決して食べてこなかったのです。

 

 

しかし、時は流れ・・・

 

 

 

僕はついに、タイに降り立ってしまった。

 

 

 

そしてカウチサーフィンで知り合ったタイ人の女の子とタイ料理屋に来ています。

 

 

目の前には彼女のゲキ推しタイ料理である

 

 

トムヤムクン

 

ソムタム(青パパイヤのサラダ)

 

f:id:itsutabi:20160910140236j:image

 

が並んでいます。

 

まぁ、いけるっしょ!!!

僕ももう27歳。高校生の青二才のあの頃とは格が違うぜ!

はっはっははっは!

 

 

 

ぱくっ。

モグモグ。モグモグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっわ、

まっずうっぅ。

 

もうさ、タイ料理って何で色んな風味混ぜてくるかな・・・

甘いの?酸っぱいの?しょっぱいの?辛いの?

はっきりしてくれよ!!あぁぁぁっぁ、もう一度言うよ。

 

まっずいわぁぁあぁ!

 

 

 

 

しかし、目の前のタイ人スィーダに対して、そんなリアクションをできるはずもありません。

 

 

スィーダ「どう、美味しい??」

 

キラキラした表情で聞いてきます。

 

僕「これね、めっちゃ美味しい!!やっぱタイ料理って最高だわー!日本に無い味だよねー。だから僕タイに来るの楽しみだったんだよねー!」

 

 スィーダ「良かったぁー。嬉しい!!美味しいよねタイ料理!私もこの味大好きなんだー♪外国人は苦手な人も多いから悲しいんだけど・・・」

 

僕「ううん、そんなことない!今まで旅してきた中で一番タイ料理が美味しいよ!!ありがとう、連れて来てくれて。

 

そして僕はアカデミー主演男優賞ばりの演技力でトムヤムクンとソムタムを最高のスマイルでバクバク食べました。美味いねー、美味いねーと言いながら。

 

 

 

 

ごめんなさい、神様。

大嘘つきです。

 

嘘つきは泥棒のはじまり。

 

でも、これで良いんです。

彼女は嬉しそうに笑っていました。

 

 

誰だって自国の料理や文化に少なからず誇りをもって生きているはずです。

それを否定されたら、そこに悪意は無くても少し残念な気持ちになるでしょう。

僕らも日本食はマズイ。寿司はまずい。あんなのクレイジーだ。

そういう風に言われたら悲しくなります。

実際、マレーシアで天ぷらの衣を欧米人がこぞって削いでいるのを見て悲しくなった経験があります。

 

 

だから、目の前の彼女には幸せな気持ちを届けてあげたかった。

 

嘘もたまには良いものです。

 

人を幸せに出来るのなら。

 

 

ね!

 

 f:id:itsutabi:20160910144332j:image

 

スィーダとは食事をしながら色々な話をしましたが、最も興味深かったのはドイツ人の彼氏の話。

 

今ヨーロッパでは難民の流入問題がホットなニュースです。

特にドイツでは移民政策に寛容なメルケル首相のもと、多くの難民・移民を受け入れており、反移民政党が少しずつ躍進するなど大きな社会問題となっているのは周知の事実ですね。

 

スィーダが言うにはやはりドイツ国内での反移民感情は高まるばかりだそうです。

 

難民・移民の人々が問題を引き起こす背景には「文化の違い」もさることながら「言語」が大きいと言っていました。

 

ドイツで働くためにはドイツ語を覚えなくてはならない。でも、政府の支援策は追いつかない。

 

じゃあ誰がやるのか?

 

そこでスィーダの彼氏はそういった人々に無償でドイツ語を教えるボランティアを始めたそうです。

 

しかし、それを知った彼の知り合いたちは応援するどころか

 

「なんであんな奴らにドイツ語を教えるんだ!」

 

という罵声を浴びせてきたそうです。

 

なので彼はそういった慈善活動をひっそりと行うしかなくなりました。

 

 

 

 

うーん。

 

もちろん1人の意見を鵜呑みにすることは出来ませんが、もしこれが本当だとしたら・・・。

 

見返りを求めず、困っている人を救おうとする人が傷つく社会が欧州では作られつつあるのかもしれません。

 

こんな悲しいことはありません。

 

難民をほぼ受け入れていない日本人が口を挟むことではないのかもしれませんがね・・・。

 

とりあえず、今の僕はあまりにも不勉強すぎるので欧州に行く前にきちんと学びを深め、その上で実際に見てきたことをリポートしたいと思います。 

 

 

 

 

 

さて、残りはタイの観光をざぁーっと紹介!!

 

バックパッカーの聖地カオサンロード!!

f:id:itsutabi:20160910153403j:image

 

色んな人種の旅人とそして商売人で溢れていました。

旅っぽい服とか、アジアンな雑貨とか日本的な感覚でいうと激安で売っていました。

Tシャツとか数百円だったかなー。

僕も旅っぽいズボンを購入。後々、写真で出てきます。

 f:id:itsutabi:20160910155627j:image

写真撮ってなかったのでウィキより引用笑

 

 

あとバンコクで感じたのは日本人が多いなぁと。これまで旅してきた国では日本人とはほぼ合わなかったのですが、ここではかなりの頻度ですれ違う。日本語を話せる現地人率や日本語の看板をみかけることも多かったです。やはり、日系企業の数が多いことが影響しているんだろうなぁと感じました。

 

でも、ここで知り合ったおじさん曰く、最近は中国人がものすごく増えたとのこと。

一昔前なら絶対日本語で話しかけられたのが、今や中国語で話しかけられる方が多いんですって。

あとは時代とともにカオサンも変わって近代化して、昔ながらの屋台がどんどん無くなって欧米向けのクラブやバーみたいな雰囲気のお店が増加してつまらなくなったそうな。

 

f:id:itsutabi:20160910154543j:image 

こんな感じのオシャレショップも増加中。

 

 

お次は ちょっと離れた場所にあるターミナル21というショッピングモール。

f:id:itsutabi:20160910154715j:image

 

ここは空港をイメージして作られたショッピングモールで、各階の搭乗ゲートをくぐるとその国の雰囲気を味わえるんです!

日本ゾーンが面白かったので、ちょっと紹介。

 

 

ゲートをくぐります。笑 

f:id:itsutabi:20160910154849j:image

 

 

こんな感じ。

f:id:itsutabi:20160910154940j:image

 

日本といったら相撲だよね! 

f:id:itsutabi:20160910155131j:image

 

うん、商い口を増やそうね。こんな難しい日本語をチョイスするのね・・・笑

f:id:itsutabi:20160910155157j:image 

 

 

山手線の駅名がずらりと並びます。

f:id:itsutabi:20160910155305j:image 

 

f:id:itsutabi:20160910155351j:image

 

f:id:itsutabi:20160910155434j:image 

えっ?新宿は!?

このあと何周かして探しましたが新宿だけ見つかりませんでした・・・

鶯谷とか大塚があって新宿が無いなんて・・・笑

 

 

トイレのマークがイケてる!!

f:id:itsutabi:20160910155814j:image

 

トイレの手洗い場がイケてる!

f:id:itsutabi:20160910155849j:image

 

トイレの壁がイケてる!

f:id:itsutabi:20160910162242j:image

 

宿で出会ったおっちゃんと大学生の女の子とタイのナイトスポットへ・・・。

f:id:itsutabi:20160910162249j:image

 

ここは本当にビビりました。

聞いてはいましたがニューハーフと普通の女の人の見分けがつきません。

衝撃でした。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

f:id:itsutabi:20160910160938j:image

※女の人とニューハーフを見分けられなくて訳分からなくなってる図。笑 

 

あ、もちろんお店には入らず普通に帰りましたからね!!

むしろ怖すぎて入る気になれませんよ・・・

 

 

あとは定番の水上マーケット!

f:id:itsutabi:20160910161429j:image

 

マンゴーライス。 

 f:id:itsutabi:20160910162942j:image

だから何でその組み合わせ!?ったく、これだからタイ料理は・・・

 

って・・・

Tちゃん食べてる!?

 f:id:itsutabi:20160910185729j:image

 デザートとして考えたらいけますねだって。うそーん・・・。

 

船の上で焼き鳥!ここの人たちのボートテクは凄かった!

 f:id:itsutabi:20160910185834j:image

 

 

 

 

 

そしてこれまた定番のメークロン市場!

 f:id:itsutabi:20160910190704j:image

 

 

ベルが鳴ると次々とみんな店じまい。

 f:id:itsutabi:20160910190909j:image

 

f:id:itsutabi:20160910191846j:image

 

 f:id:itsutabi:20160910192015j:image

 

 

なぜなら・・・ 

 

 

 

 

 

 

電車がやってくる!!!

 

f:id:itsutabi:20160910192114j:image

 

f:id:itsutabi:20160910192235j:image

 

 

きゃー、きゃー、目の前にきたよー! 

f:id:itsutabi:20160910192531j:image

近すぎ!!笑

 

 

そしてまた何事もなかったかのように営業を始めていました。

 f:id:itsutabi:20160910192617j:image

 

 

 

タイ編、おわりっ!

リアルタイムに追いつかせるために凝縮してお送りしております!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

久しぶりにポチッと押してくれたら嬉しいでーす(^o^)/