世界のどこかで青空教室

2016年4月スタート‼元中学校教師による世界放浪記。人生一回きり!やりたいことやらないと♪

けざわさんと万里の長城。〈中国①〉

ナマステー!ダンニャバード!

 

最近、リアルタイムとの差が激しすぎて困っています・・・。

頑張って更新しないと!

ブログ書くのって意外と大変だったりするんですよね(´・_・`)

(僕が無駄に時間をかけすぎている気もしますが笑)

 

 

ちなみにこの後のルートは

中国(北京)→ タイ → カンボジア → タイ → ネパール(今)です。

 

 

 

 

 

 

さてさて、今日の物語はー?

 

 

モンゴルでかなりエキセントリックな旅を経験したので、ノーマルな観光をするべく僕はモンゴルのウランバートルから中国に行きました。

 

特に行きたかった訳では無いのですが、この後バンコクで友人と待ち合わせしているためにタイに行く関係上、中国経由の方が安かったので3日間だけ立ち寄ってみました。

 

と、言うことで中国にノーリサーチで降り立った僕。

 

とりあえず空港でWi-Fiを拾ってネットを・・・

 

 

あれ?Googleが開かない・・・

 

あれ?Googleマップが使えない・・・

 

あれ?Gmailが使えない・・・

 

あれ?LINEが使えない・・・

 

あれ?Facebookが使えない・・・

 

あれ?messengerが使えない・・・

  

あれ?YouTube見れない・・・

 

 

 

マジですか・・・

 

 

 

そう、さすがは中国さん。

規制が半端ない!!

 

僕が普段使用しているSNSは全て使用不可能になりました。

と、言うことは僕の身に何かあっても誰も知る由が無いということになります。

 

 

あーあ、これモンゴルの草原と一緒じゃんか笑

 

 

 

 

とりあえず、空港に到着したのが夜中だったので人生初の空港泊を実施。

 

 

 

寝れそうなベンチ・・・

 

 

あるにはあるけど、肘掛が出っ張ってて寝相にテクニックが要求される感じ。

 

ちょっと試しに寝てみる。

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

うん、寝れないね。

 

 

仕方ないのでマクドナルドに行って、フィレオフィッシュをどれだけ時間かけて食べられるかゲームをして過ごしました。

 

 

こんなにフィレオフィッシュと真剣に向き合ったのは生まれて初めての経験です。

 

 

ありがとう、北京空港。

 

 

もう、空港泊なんて2度としないよ。

 

 

そして疲労により思考回路がおかしくなった僕は、朝になるとタクシー乗り場に居ました。

 

 

朝まで待ったのにも関わらず結局タクシーを使うという選択。

値段は200元。3000円くらいですかね?

 

 

「無駄」・・・バスや電車等の安い交通手段で市内まで行くために頑張って空港泊をしたものの、結局タクシーを使って高額料金を支払う行為のこと。つまりアホ。

 

 

 

いいんです。眠かったから。

 

 

いいんです!!!笑

 

 

 

 

その夜、北京の王府井という日本でいう新宿的な街に行ってみました。

 

f:id:itsutabi:20160904161908j:image

 

 

 

f:id:itsutabi:20160904161914j:image

 

 

f:id:itsutabi:20160904193838j:image

 

本当に新宿みたい!

モンゴルから来てるので全てが近代的に見えるんですよね笑。

 

 

 

 

続いて天安門広場へ。

 

 

1989年、ここで起こったのが有名な天安門事件。

この広場で中国の民主化を求めるデモが発生し、それに対して中国政府が軍を用いて弾圧した事件。

軍が国民に向けて銃を発砲し、装甲車で轢き殺す。多数の死傷者が出たと言われています。

軍隊って、国ひいては国民を守るためにあるんじゃないのかな・・・はぁ。

 

f:id:itsutabi:20160904164849j:image

 

 f:id:itsutabi:20160904164708j:image

 

中央に見える肖像画は「けざわひがし」さんです。

けざわさんがこの門の上で中華人民共和国の樹立を宣言したのはあまりにも有名ですね。

 

 

 

えっ?もうたくとう?まおつぁおとん?

 

 

 

もう何でも良いんじゃないかな笑

 

 

 

 

 

 

 

次の日は、楽しみにしていた万里の長城へGO!!

 

北京から電車で移動します。

 

駅でチケットを購入して、次の列車の時間を調べると2時間後・・・

 

待合室で待機。

 

どうやら中国の長距離列車は列車が到着するまでホームに入れない仕組みになっているみたいです。

 

 

1時間半後、遂に列車が到着。

 

アナウンスが流れ、係員がゲートを開けたその瞬間。

 

 

 

うぉぉぉぉおぉぉぉ!

 

鳴り響く怒号、押し合う人々、渦巻く欲望、

老若男女すべての人間が列車に向かって全力疾走する姿は圧巻でした。

 

 

そう、列車は自由席なのです。

彼らは座席というものを確保するために命を懸けてダッシュするのです。

 

 

 

日本を背負う旅人として、この戦いを制するべし!!!

スタートで面食らって出遅れている僕が狙うは一番遠くの車両。

他の中国人たちは手前の車両から座り、なるべく走る距離を減らそうとしていたからです。

 

バックパックを担ぎながら死ぬほど走りました。

 

何せ中国の車両は長い!!

 

そしてたどり着いた先頭車両。

 

席は・・・

 

 

 

1番前のところが1つだけ空いてる!!!

 

 

 

 

勝った!!!!

 

このあと微かな希望を胸に遅れてやってきた多くの中国人たちを

「あらあらどうしたの?座席欲しかったら走らないとー。それが中国Styleだよ君たちー!」的な視線を送るという性格の悪さを発揮しつつ、北京の車窓を楽しみました。

 

 

僕の乗車した列車はかなりユニークさんで、目的地である八達嶺駅をスルーしてそのまま15分くらい進み、急に逆走して八達嶺駅まで戻るという荒技をかまします。

 

 

 スマホいじり運転はダメっすよ。

そんなんでも何のアナウンスも無く、そして客もいたって冷静。

 

 

 

どんな国やねん中国!笑

 

 

 

 駅を出て有名な

 

f:id:itsutabi:20160904204656j:image

 

この写真の場所を目指します。

 

が・・・

 

f:id:itsutabi:20160904204758j:image

 

f:id:itsutabi:20160904204931j:image

 

f:id:itsutabi:20160904205002j:image

 

 

天気悪っ・・・

日頃の行い…

 

 

入場チケット。万里の長城はcastleではなくてgreat wall すなわち偉大な壁なんですね。

f:id:itsutabi:20160904213523j:image

 

 

こんな注意書きある?雷に撃たれるってこと!?

f:id:itsutabi:20160904213646j:image

 

 

この中国人のおじさん、右手にフランクフルト、左手にパイナップル、交互に食べてました。そのセンスに脱帽や!笑

f:id:itsutabi:20160904213751j:image 

 

 

そんな万里の長城ですが、来て良かったです。

 

曇天でも、とにかく壮大。

 

秦の始皇帝の時代から建設が始まって、何千年もかけて約6000㎞もこんな城壁を作ったわけですよ。当然、僕が見ているのはそのほんの一部に過ぎないわけで。崩壊したものを含めたらもっと長いわけで。

 

そして、こんな建築物を、こんな場所に作らなければならなかった。

僕が撮った万里の長城の写真をもう一度見ていただければお分かりになると思いますが、長城は山の尾根に沿って作られているので本当に急勾配です。

 

これ作るの大変だっただろうなーと思うのと同時に、北方の匈奴やモンゴルなどの遊牧系民族がどれほど中国に脅威を与えていたのかが伺えます。

 

監視塔の窓を覗いて、向こうからやってくる騎兵の大軍を妄想して、

 

敵襲ーーー!!!

 

とか心の中で叫んでみたり。笑

 

 

 

 

そんな歴史のロマンに浸りながら、また同じ電車で帰路につきました。

 

本場の青椒肉絲を味わって、次の国へ向かいましたとさ!

f:id:itsutabi:20160904220231j:image

 

中国ショートトリップ、おわり♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村