読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のどこかで青空教室

2016年4月スタート‼元中学校教師による世界放浪記。人生一回きり!やりたいことやらないと♪

タマンネガラのジャングル探検2日目①〈マレーシア④〉

朝は6時に起床し、

ホテルで朝食を済ませ、いよいよジャングル探検withoutガイドさん。

 

ちなみにジャングルに行くには村の入り口から船で渡らないといけません。

 

こんなところ。

f:id:itsutabi:20160801145626j:image

 

 

誰か渡らせてくれる人いないかなーと探していると、良いところにおじさんが居たので1リンギット払って連れて行ってもらいました。

 

さぁスタート!!!!

 

この入り口に戻ってこれることを信じて・・・


f:id:itsutabi:20160801145727j:image

 

ここが魔界への入り口か・・・。


f:id:itsutabi:20160801152340j:image

 

 

 

しかし、入ってみると舗装されている遊歩道なので、歩きやすくスイスイ進みます♪

 

なんだぁージャングルと言えど、所詮、国立公園だなぁ。


まったくナイフとか誰言ったんだよー!人騒がせなやつだなー。

 

こんなん尾瀬ハイクと何ら変わらんぜ!
はっはっはっはーーー。

f:id:itsutabi:20160801145914j:image

 (こちらは尾瀬の素敵な写真です。)

 

 

夏がくぅーれば思い出すー遥かなおぜぇーとおいそぉらー笑

 


と呑気に歌っていると・・・

 

 

 

 

 

 


おぉ。。。
f:id:itsutabi:20160801145940j:image

 

なんだろうこれ?
なぜこんなボロボロの家を置いておく!?


肝試し要素は全く望んでないからな!!


こういうの配置するのナシ!!

 

 


f:id:itsutabi:20160801145952j:image

あぁーこういうトラップもいらないからねー。


頼むぞマレーシア政府!ここは国立公園なんだからな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして30分くらい歩いたところで遂に…

 

 

はじめての分かれ道inジャングル。

 

 

 

 

右は舗装されており、引き続き尾瀬ハイク楽勝の道。

 

左は未舗装で、道なのか疑いたくなるレベルの道。

 

(頼むぞー。絶対右であれ!!!)

 

 

昨日ガイドのおっちゃんにもらった地図によると・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左やん。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

うわーここ行くの!?

f:id:itsutabi:20160801150054j:image

 

道なのこれ?

 

進めるの?

 

あー、今更ですけど、僕ですね、虫さんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり苦手なんですよね。笑

 

 

 


あーーーーー


でも行くしかない!!!!

 

ざざっ。

 

 

 

入った瞬間、

 

 

 

 

 

 

あぁぁぁぁぁっぁ!!

 

蜘蛛の巣やばい、

何なの、

えぇぇぇ、

何かトゲ刺さったぁぁっぁ、

いやぁぁぁぁぁっぁぁ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

朝7時、マレーシアの密林で27歳独身住所不定無職男性の叫び声がこだまします。

 

 

不幸中の幸いで、

 

そう、このエリアには人が居ないのです。

 

すなわち、この叫び声を聞いたのは猛獣や昆虫のみ。

 

さぁ、この声を聞いて俺を襲いに来るのか!?

 

可哀想だよな?だから襲わないよね?


テレビも居ないから今来ても意味ないからね?誰も得しないんだから!

 

頼むよざわざわ森のがんこちゃん!!!!!!
(取り乱した頭に浮かんだワードがこれ笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、気を取り直してよく道を見てみると。。。

f:id:itsutabi:20160801150238j:image

 

 

刺さったのはこいつか・・・

 

何でこんなドSに育っちゃったかなぁ。苦しい少年時代があったんだね。うんうん。

 

でもさ、これじゃ僕、危ないじゃない。

 

一回トゲ、しまおうか。

 

なっ、おじさんが話聞いてあげるからさ。

 

するとこの植物がトゲを・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまうわけがない笑

 

 

ということで、ここまで温存しておいた装備を出します。

 

長ズボン、マウンテンパーカー、そして軍手という最強装備を装着。

 

 

 

 

 

 

ふふふ、これで貴様のとげや蜘蛛の巣なんぞ効果がないのだよ。

 

ふははははははー。

 

 

 

 

 

 

攻略法を見つけた僕は少しずつ順調に進み始めます。

 

しかし、途中には敵の仕掛けたトラップが多数あるのでした。

f:id:itsutabi:20160801150357j:image

 

こういう倒木が2分に一回の割合で転ばそうとしてきます。

 

そして更に気付いたこと・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あちぃ・・・・。

 

 

 

そう、僕は熱帯雨林気候、常夏で降水量も一年中多く、アルファベットで言うならばAf、高温多湿で有名なAfに長袖長ズボン軍手で挑もうとしているのである。

 

これはまずい。まんまと敵の戦略にハマってしまった。

 

こうして暑さで体力を奪って弱ったところでハガネールみたいな猛獣が襲ってジ・エンド的なヤツか!?

 

森全体でコラボレーション攻撃か!?

 

トキワの森のくせにやるじゃねぇか。

 

でもな、俺はそれを超えていくからな!!

 

 

 

 

最終奥義、半袖半ズボーン!

 

 

 

ということで再び半袖半ズボンに。

 

当然、蜘蛛の巣や多少のトゲ攻撃はありますが、

 

 

 

 

 

もはや慣れた!!

 

 

 

 

人間の適応能力とは素晴らしいものがあると身をもって体感しました。笑

 

 

 

 

 

 

さてそのあとも、険しい道のりを進んでいきます。

 

こんなん落ちるやん。
f:id:itsutabi:20160801150949j:image

 

 

 

 

 

そして…


f:id:itsutabi:20160801151004j:image

 


人がいる!!!

 

 

 

 


うわーこれ、あれでしょ?

 

こっち向いた瞬間にピコーンっての人の頭にビックリマークが浮かんで、僕は金縛りになって、強制的にバトルになるやつだよ…

えーでも、あそこ通るしかないしー。

でもこんなとこにいるってことは相当強いポケモン持ってるってことやん。

えぇー。

とか悩みながら近くまでいきます。
(もはや頭おかしい笑)

 

 

近くで話を聞くと、どうやら写真家で鳥の観察をしているらしい。

ここで僕は大切なことに気づきます。


あっ!


そうだ、僕はポケモンを捕まえに来たんだった!なのにトゲとかクモとかばっかり気にして、全くポケモンを意識していなかった!

 

なんてことを…

 

ひっそりとそのポケモンマスターの師匠にありがとうを告げてその場を去ります。

 

 


すると…

木の陰に!!

 


りすーーーー!

 

かっ、可愛い!

 

チョッパーみたいな感じで見てたー!

 

写真を…

 

あっ、逃げられた!

 

くそー。

(ここから僕の中で写真を撮れたらそのポケモンをゲットしたというルールにしました。)

 

 

 

 

そしてポケモン探しが始まります。

 

よく耳を澄ませると、普段聞いたこともない怪鳥の鳴き声がわんさか聞こえてきます。

特に印象的だったのが、

 

「着信音鳥」

 

こいつの鳴き声は携帯の着信音そっくり。いわゆる電子音なんです。
正直、電波なんてあるはずないのに携帯をチェックしてしまったのは内緒です。

 

うそだあー!と思ったそこのあなた。
行ってください。タマンネガラへ。絶対居ますから!

 

 

 

さっそく探してみる。

 

しかし鳥がそこら中に居て、鳴き声を判別出来ません。

 

とりあえずあいつかな!

 

ということで道のど真ん中を歩いている無防備な鳥にシャッターを合わせます。

f:id:itsutabi:20160801151221j:image

 

っしゃ!

 

ポッポゲット!

 

 

 

 

そしてさらに神経を研ぎ澄ます…

 

いた!!

 

f:id:itsutabi:20160801151430j:image

 

見えます?

 

猿が居ますから!! 

 

ヒコザルゲット!

 

 

 

 

 

そして、左の茂みからは…

 

 

鹿!! 

 

しかし素早すぎて逃げられた…

むぅ、手強いなぁ。

 

 

 

 

そして奥深くへと進んでいく。

 

  

すると…

f:id:itsutabi:20160801152128j:image

 

あぁー。それはダメだよ。


写真だとわかりづらいけど、この倒木ボス級すぎて進めないよー。

 

「いあいぎり」が必要な場面ね。うん。

 

手持ちのポケモン。

ポッポ。

ヒコザル。

 

 

 

 

 

 

いやー、無理やわー。

 

 


ってことで、迂回します。


しかし、迂回が意味すること。

 

正直ここまではギリギリ道っぽい人の通った跡があるルートでした。

 

しかし、迂回すると完全に開拓モードになります。

 

イコール死ぬ可能性が上がります。

 

 

 

 

何故こんなデカイ倒木を放っておくのだ!!タマンネガラこの野郎!!!

 

 

 

ということで、開拓モード開始。

 

 

 

うぁぁぁぁぉぁ!
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!

 

もうね、草とか蚊とか蜘蛛とかそんなんぐっちゃぐちゃ。

 

 

 

 

 

そしてガンガン進んでいくと、川に辿り着きました。

 

f:id:itsutabi:20160801152308j:image

 

色どうした!?

 

 

 

とりあえずジャングルの中で暴れ回って疲労困憊なので一旦休憩。

 

あぁー、河原って素敵。

人はジャングルに一定時間以上居ると精神的にやられることがわかりました。
閉塞感というか、空が見えないって苦しいんだよなぁー。

 

空よ、ありがとう。笑

 

と、しばらくゆったりした時間を過ごしました。

そして、ふとした瞬間に視線を後ろの方に向けてみると…

 

ん?


んんん?

 

な、なんかいる…


続く! 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村