読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のどこかで青空教室

2016年4月スタート‼元中学校教師による世界放浪記。人生一回きり!やりたいことやらないと♪

フィリピン留学⑦〜ついに!バロットとの戦い〜

はーい!


僕はフィリピンに来る前からずっと倒したいと思っていた奴がいました。


もうね、やろうやろうとずっと思ってたんですよ。


でも、本当に相手は強敵で、勇気が出なくて・・・


そんな時に僕の学校の先生が勇気をくれました。


「ほんの少しの勇気で人は変われる。最初の一歩を踏み出したら、君は変われる。君ならできる。僕は応援しているよ。」


ありがとう。


僕の背中を押してくれて。


応援してくれる人がいるから僕は頑張れる。


そんな人たちのためにも戦わないといけないんだ。


多少の犠牲はやむを得ない。


僕が挑んだ相手。それは・・・











です。




しかしながら、卵と言ってもただの卵ではありません。


フィリピン名物・・・



バロット!!!



バロットとは・・・

東南アジア、特にフィリピンとベトナムでは滋養強壮に良い食品として多く食べられている。高級料理ではなく、屋台や庶民の定食屋で食べることが出来る。フィリピンでは、自転車などに乗って売り歩く光景も見られ、バーで酒肴にされたりする。
孵化前の卵を茹でて食べるので、殻の内部では雛の姿が出来上がっており、羽根が濡れた状態で出てくる。


食べ方は・・・

茹でて食べる場合は、18日目の卵がもっとも美味とされる。十分にゆで、まず、卵の丸いほうに、卵の殻を中に落とさないようにスプーン等で穴を空ける。穴から塩とハーブやライムの汁を入れ、中のスープをストローなどですする。スープがなくなったら、殻を割って中の雛を取り出して食べる。羽毛の部分は取り除いた方が良いとされる。

Wikipediaより


ね?

ただものでは無いことがお分かりいただけたでしょうか?


※先に言っておきますがちょっとグロかったのでアップの写真は載せてませんのでご安心を。

もしご覧になりたい方がいらっしゃればネットで検索してみて下さい。



まずは屋台のおばちゃんと交渉。


f:id:itsutabi:20160526003225j:image


僕「これバロットですか?」


オバ「そうだよー。どれにする?これオススメねー!」


僕「これは中身が鳥?」


オバ「いや、これはただのゆで卵やで。こっちは中身が鳥ちゃんやで。」


僕「じゃあ、こっちの鳥ちゃんの方で。」


オバ「えっ!いいの?これ60日経ったやつだけど?」







うん。

60日ねー。

おかしいなぁー。

だいたい18日が食べごろだよね。

おばちゃんよ、


それは成長しすぎじゃないかなぁ。笑







僕「60日?そんなアホなー。全く冗談うまいんだからー。で、どれが16日のやつなの?」


オバ「うちにあるのは全部60日のやつよ。それ以外はゆで卵やねん。」



ここで僕に与えられた選択肢は・・

選択肢①このまま帰る

選択肢②ゆで卵を食べる

選択肢③ただでさえヤバイのに、60日というラスボス的なやつを食べる。



結果・・・




僕「じゃ、じゃあ、あ、ああ、あの60日のやつ、く、くっ、ください。」


オバ「本当にいいの?これalmostチキンだよあんた?」


僕「た、たたたっ食べます!」


オバ「(なにやら匂いを確かめた後)はいっ、どうぞ!一応匂い確認してね!」







うん。

そうだね。

チェックが必要なんだね。

万が一これで僕に何かあったら責任取れないからね。

でもさ、おばちゃんよ。

どんな匂いが適切なんだろうね。




f:id:itsutabi:20160526003732j:image


僕「(匂い確認)うーん、まぁ普通になんか匂うよ。まぁいっか。」


オバ「あっ、あんたちゃんと酢かけなよ!」


僕「僕は酢苦手なんで無理っす」


オバ「えっ・・・」


とりあえず塩をかける。

f:id:itsutabi:20160526010112j:image


そしてとりあえず殻を剥いてみた。

f:id:itsutabi:20160526004122j:image

!!!!!!??????


なんか血管みたいな、神経みたいな、そんなんあるわー。

きついわー。

ていうか、少年よ、そんな目で見つめないでおくれ。

こっちも必死なんだよ・・・




そして、一口おそるおそる食べてみた。

f:id:itsutabi:20160526004031j:image

!!!!!!?????


何かめっちゃ出るんですけど!

中華街で小籠包食べた時以来の汁の飛びっぷりですよ。えぇ。





二口目は頑張っていっぱい食べてみた。

f:id:itsutabi:20160526004522j:image

!!!!!!??????


鳥感がすごいのなんの!!

羽とか毛とか骨とか内臓的な感じとか、もう色々すーぱーmixで大変なことになってますよ。えぇ。


正確に言うとこんな感じ。

孵化直前の雛の嘴や骨があるため、エビ殻のようなパリパリとした食感と、一般的なゆで卵と比べてカニ味噌のような濃厚な食味が特徴である。孵化直前のものは鶏肉に近い味がし、まだ卵に近いものは卵黄の塊を食べているような味がする。

Wikipediaより



そして何とか汗だくになりながらも完食。

正直口から出したかった。でも、おばちゃんが見てる前でそれはできなかった。

(良い人ぶっているが実際写真からも分かるように相当申し訳ないリアクションをしている・・・笑)

せめてもの恩返しということで食べ終わったあと、できる限りの笑顔で・・


「ラミカーヨ!(現地語でめっちゃ美味い!)」


と言い残してその場を後にしました。


しかし何だろうこの食べ終わったあとの口に残る独特の感覚、そして生まれてくる直前の鳥ちゃんを食するという罪悪感。

もう少しで陽の光を浴びることができた鳥ちゃん。

ごめんね、鳥ちゃん。

僕は鳥ちゃんの分まで強く生きるよ。



後日、先生たちに聞いてみたら、

「バロット食べたの!?うぅぅぅー、私は無理よー。あれ気持ち悪いもの。」

「昼間に食べた!?俺らも昼間に食うのは無理だよ。見た目ヤバイもん。」

「お腹壊さなかった?あれ食べた人大体腹痛に苦しむのよねー。私?食べないわよ!もちろん。」








現地人も食わないんかーい!笑



もちろん、食べる人もいるみたいです。


でもやっぱり見た目は厳しいために暗くなってから食べるのが普通らしい。


あとはスタミナをつけたい時に精力剤として食べる人もいるそうです。


ちなみに・・・Wikipediaに衝撃の事実が・・・

正常に生育を続けているものを孵化前に茹でるなどして、茹でたその日に食べる場合には、衛生上の問題はない。しかし、孵化しようとして殻に穴が開いたり、力尽きたもの、茹でて日数が経ったものなどは、腐敗しやすく、サルモネラ菌、大腸菌など、食中毒を起こす細菌を含んでいる場合が多いので、食用には適さない。


えっ???

だからおばちゃんは匂いを嗅いでいたの?

っていうか60日って規格外すぎてもうダメじゃ無いですか?

僕のお腹は・・・・


今の所は大丈夫です。(食後3日経過)


読者の皆様、更新が1ヶ月くらい止まったらこのせいだと思ってください。

僕にもしものことがあったら後世に語り継いでください。



60日はやべぇって



それでも勇敢に立ち向かった奴がいたって。









卵に。


そろそろ日本も暑くなってきたみたいですね。

季節の変わり目、体調を崩さぬよう無理せず頑張りましょう。

それでは!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

頑張ったご褒美にポチッと押してくれたら嬉しいです♪