世界のどこかで青空教室

2016年4月スタート‼元中学校教師による世界放浪記。人生一回きり!やりたいことやらないと♪

ラクダに乗ってサハラ砂漠を冒険しよう!砂漠の街メルズーガ。〈モロッコ④〉

f:id:itsutabi:20161213022224j:image

ヤッホー!

フェズから夜行バスに乗って砂漠の街メルズーガにやってきました!!

 

ここはサハラ砂漠の玄関口。

 

ついに世界最大の砂漠に足を踏み入れる日がやってきました。

 

テンション上がるぅぅぅ!!

 

メルズーガには早朝到着だったのでだんだん陽が出て来るとそこには・・・

 

f:id:itsutabi:20161213203045j:image

 

砂漠キター!!!!!

ホテルから砂漠が見えるんですよ!

最高だ・・・

 

なんだかアラバスタっぽい!!

f:id:itsutabi:20161213204742j:image

 

 

 

さてさて、これから砂漠を冒険する我々は準備をしなければなりません。

 

スナスナの実に対抗するためにはカメラやiPhoneなどをラップやビニールで防御しなければなりません。

f:id:itsutabi:20161213012541j:image

 

そして砂嵐などから身を守るべくターバンもしっかり巻いておきましょう。 

f:id:itsutabi:20161213012936j:image 

 

完成!

f:id:itsutabi:20161214005709j:image

 

ふ・・・フン君?

 

 

実は・・・

 

 

グレートサイヤマンだったんだね。 

f:id:itsutabi:20161213205358j:image

 

いざという時はサイヤ人の力、発揮しておくれ。

 

 

ちなみに僕は・・・

f:id:itsutabi:20161213012618j:image

うーん。

 

あれですね。

 

あのー

 

 

 

某イ○○ム国の戦闘員ですか?

 

なんだろう悪人顔なのかな笑 

 

 

僕ら以外にも一緒に冒険する韓国人グループが数組居ました。

 

砂漠をテクテク10分ほど歩きます。

f:id:itsutabi:20161213012639j:image

 

ついにラクダちゃんにご対面!!!

f:id:itsutabi:20161213012717j:image

 

ベルベル人のガイドさんが楽しく乗せてくれます。

f:id:itsutabi:20161213013042j:image

 

出発!!

f:id:itsutabi:20161213013054j:image

 

こんな感じで列になって砂漠をゆっくりと進んでいきます。

f:id:itsutabi:20161213013138j:image

 

照りつける太陽が眩しい!

f:id:itsutabi:20161213013157j:image

 

馬のように手綱ではなく、鉄のサドルに捕まって乗ります。

f:id:itsutabi:20161213013354j:image

馬より反動が大きいですが乗り心地はGOOD! 

 

 

1時間くらい移動して、少し休憩。

f:id:itsutabi:20161213013417j:image

 

ラクダって可愛い!

f:id:itsutabi:20161213013423j:image

 

座って居るときの足が何ともキュート♪

f:id:itsutabi:20161213013436j:image

 

仲良くなった韓国人グループとみんなでパシャり!

f:id:itsutabi:20161213013459j:image

f:id:itsutabi:20161213021834j:image

 

 

このあと1時間くらいラクダに揺られて・・・

 

 

 

今日の宿、ベルベル人の砂漠キャンプに到着!

 f:id:itsutabi:20161213013659j:image 

f:id:itsutabi:20161213013708j:image

 

早速ベルベルハウスでミントティーで休憩してランチ!

f:id:itsutabi:20161213013812j:image

 

 

その後は砂丘でサンドボードとサンドそり?で斜面を滑走!!

f:id:itsutabi:20161213013831j:image

 

かついで上に上がるのがめっちゃ大変。

f:id:itsutabi:20161213013830j:image

 

ひゃー!

f:id:itsutabi:20161213015015j:image

f:id:itsutabi:20161213015042j:image

f:id:itsutabi:20161213015014j:image

f:id:itsutabi:20161213015039j:image

 

 

その後も砂丘で遊びます。

 

 

砂丘を駆け上がるモンスター。

f:id:itsutabi:20161213015050j:image

 

撃退されて転がり落ちるモンスター。

f:id:itsutabi:20161213015106j:image

f:id:itsutabi:20161213015106j:image

f:id:itsutabi:20161213015102j:image

 

死んだかな?

f:id:itsutabi:20161213015102j:image

 

た・・・助けて・・・

f:id:itsutabi:20161213015327j:image

 

モンスターを助けようとするやさしき勇者。

f:id:itsutabi:20161213015127j:image

 

しかし勇者は息絶えた。

f:id:itsutabi:20161213015604j:image

  

とか色々やって一通り遊びました。

 

 

 

そしてここからは砂丘の1番上を目指して登ります。

 f:id:itsutabi:20161213015438j:image

 

砂丘登るのがこんなにシンドイとは・・・

(ちなみに僕はカメラを忘れて2往復しています。笑)

 

でも・・・

 

砂丘の1番上からの景色がそれはそれはもう・・・

 

 

最高だっ!!

f:id:itsutabi:20161213015454j:image

 

うわー 

f:id:itsutabi:20161213015503j:image

 

うわわー 

f:id:itsutabi:20161213015502j:image

 

砂がサラッサラッ! 

f:id:itsutabi:20161213020400j:image

 

なんて綺麗なんだ・・・

f:id:itsutabi:20161213020407j:image

 

ガイドさんに撮ってもらったお気に入り写真たち。

f:id:itsutabi:20161213015620j:image

 

f:id:itsutabi:20161213015626j:image

 

ジャンプ!

f:id:itsutabi:20161213020029j:image

 

フン君ジャンプ!

f:id:itsutabi:20161213020104j:image

 

マヤさんジャンプ!

f:id:itsutabi:20161213020113j:image 

 

撮ってくれた超絶写真の上手なサイド君(21歳)。

f:id:itsutabi:20161213020304j:image

 

砂漠で輝く美しきマヤさん(2×歳)。

f:id:itsutabi:20161213020953j:image

 

そして徐々に陽が暮れ始めます。

f:id:itsutabi:20161213021024j:image

 

みんなで並んでスカーフをヒラリ。

f:id:itsutabi:20161213021037j:image

 

夕日に向かって叫ぶ!!!

f:id:itsutabi:20161213021038j:image

 

シャドウジャンプ!!

f:id:itsutabi:20161213021315j:image

 

シャドウ手繋ぎ!

f:id:itsutabi:20161213021100j:image

 

砂漠のサンセット・・・綺麗だったなー。

f:id:itsutabi:20161213021112j:image

 

砂丘を降りてキャンプに戻ります。

f:id:itsutabi:20161213021126j:image

 

ちょ!そのスカーフのなびき方イケメンすぎるよ!!

f:id:itsutabi:20161213021128j:image

f:id:itsutabi:20161213021129j:image

 

夜はベルベル人のタジンを食べました。(写真撮るの忘れた・・・)

 

 

そして火を起こしてベルベル人の伝統音楽をみんなで鑑賞します。

 f:id:itsutabi:20161213021243j:image

 

雰囲気抜群で最高にカッコよかったー!!!

 

そのあとはみんなでサイド君とベルベル人の歴史や文化について楽しくおしゃべりして素敵な夜を過ごしました。

 

と、ここでみなさん。

 

ベルベル人ってどんな人々かご存知ですか?

f:id:itsutabi:20161213215911j:image

ベルベル人は北アフリカの広い範囲にわたって古くから住んでいたベルベル語を話す人達のことです。

 

北アフリカ諸国ではアラブ人が多くを占めるようになった現在も一定の人口を持っていて、独自の文化を維持しています。

彼ら自身が自分達のことをアマズィークといい、「自由人」を意味しているとのこと。

砂漠をラクダに乗って軽やかに移動したり遊牧する彼ららしい呼び方ですねー。

ベルベルの中でも様々なグループに分かれていて、モロッコでは国の人口の約半数、アルジェリアでは約5分の1、その他にリビア、チュニジア、モーリタニア、ニジェール、マリなどで人口の数%を占めているんですって。

当然ベルベル人の国は存在しないので、現在でも彼らの中にはアラブ人からの自立を主張する民族運動もあるみたいです。

あとジダンとか沢尻エリカさんのお母様とかもベルベルにルーツを持っているとの情報も。

 

 

そして夜は更けていき・・・

 

 

お待ちかね・・・ 

 

砂漠の真ん中で見る満天の星空!!!

f:id:itsutabi:20161213021248j:image 

 

f:id:itsutabi:20161213021302j:image

 

本当に綺麗だったなー。

 

夜は深まり、月が姿を隠し始める。

 

満天の星空がさらに輝きを増す。

 

みんなで砂漠に横たわって星空をじっと眺める。

 

誰も何も話さない。

 

耳に入ってくるのはサラサラと風に吹かれた砂の音。

 

流れ星が1つ、2つ。

 

遠い星々の光に様々な想いを巡らせる静かな夜。

 

はぁ、溜息がでるくらい綺麗な夜だったな。

 

この星空を僕は忘れることはないだろう。

 

サハラ砂漠、最高だ!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

モロッコフードとハマムに住むキタキタおやじ。〈モロッコ③〉

f:id:itsutabi:20161212223102j:image

突然ですが、僕は旅に出てから写真を撮るのが好きになりました。

 

この素敵な景色をどのアングルで撮ったら綺麗になるかなー、

 

被写体のナチュラルな表情を引き出したいなー、

 

ISO?F値?シャッタースピード?

 

少しずつですが勉強を重ねています。

 

風景を撮るのも好きですが、僕が1番好きなのは人物を撮ること。

 

そしてちょうど今3人旅をしています。

 

そうなんです。

 

 

今僕は、人がいっぱい撮れるので写真が楽しくて仕方ないのです!!

 

 

ついつい撮り過ぎちゃうよねー、

 f:id:itsutabi:20161212215424j:image

f:id:itsutabi:20161212081100p:image

f:id:itsutabi:20161212075909j:image

f:id:itsutabi:20161212075915j:image

 

あの、マヤさん…

 

目を開けてください…

 

2分の1は目閉じてる写真になるんですけど・・・

 

写真下手くそ世界選手権で堂々の第1位です。

おめでとう!笑

 

 

 

しかし!!

 

 

マヤさんの面白いところはそれだけではありません。

 

 

涙腺ゆるゆる世界選手権でも第1位です。

 

 

まぁ、音楽や映像で涙がホロリとするのはまだ分かります。

 

僕の何気ない話ごときで急にウルウルするのやめてもらえます!?

 

なんなら感動する映画の説明だけで泣くでしょう?

 

どんだけピュアハートやねん!?

 

しかも翌朝目が腫れて・・・

 

・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・・・

 

 

これ以上言うと僕の命に関わるのでやめましょう。笑

 

 

さて今日は前回フェズの記事の続きを書いていきます。

 

フェズでは色々なモロッコフードを食べました。

 

まずは定番のミントティー!!

 f:id:itsutabi:20161212214249j:image

砂糖をたっぷり入れて飲むのがモロッコ風!

甘いもの好きな僕にとっては最高の飲み物♪

めちゃくちゃ美味しい!!

 

 

 

タマゴサンド!

f:id:itsutabi:20161212214532j:image

モロッコの丸いパンにゆで卵を潰してぶち込むという何とも簡単な料理。

トッピングでベーコンやらビネガーやらスパイスやら入れられる。

シンプルながら中々美味しい一品。

なんとお値段5ディルハム。(約50円)

 

 

 

フン君もマヤさんも幸せそう!

f:id:itsutabi:20161212214801j:image

 ※ちなみにフン君はいかなる時もコーラを飲むコーラ中毒者です。笑

 

 

 

それからフェズではマックにも行きました。

f:id:itsutabi:20161212215050j:image

アラビア語でマクドナルドって書かれても全然読めませんね・・・。

 

 

メニューも日本とは違うものがいっぱい。

 

 

僕はマックアラビアにチャレンジ!

f:id:itsutabi:20161212215220j:image

 

 

こんな感じ。

 f:id:itsutabi:20161212215357j:image

味はまぁ普通・・・。

肉と野菜がナンっぽい記事に包まれて若干スパイシーな感じ。

可もなく不可もなくですね。

 

 

ただ、これは日本にも欲しい!

f:id:itsutabi:20161212215557j:image

チーズコロッケ!!

これが濃厚クリーミーでめっちゃ美味しかった♪

日本マクドナルドさん、よろしくです! 

 

 

それからお待たせしました!

 

モロッコといえばこのタジン鍋。

f:id:itsutabi:20161212215919j:image

もちろんタジンのチキンとかも美味しいのですが、ぜひタジンの野菜を食べて欲しい!!

食べた瞬間にホクホクで野菜の甘みがギュッと滲み出てくる感じ。

本当にオススメ!!(興奮し過ぎて写真がありません。笑)

 

 

それからもう1つ有名なのがクスクス!

f:id:itsutabi:20161212220134j:image

世界最小のパスタと呼ばれる

個人的にはパスタというよりパッサパサの粉って感じ・・・。

甘い味付けで僕はあまり好きではありませんでした・・・。

 

 

そして今回僕が最もハマったモロッコ飯がこちら!

f:id:itsutabi:20161212220353j:image

魚のフライ!!

 

 

なんだただの魚のフライかよ・・・。

 

と思ったあなた!

 

これマジでヤバイですから。

 

フェズのメディナの奥深くに眠る行列店。

 

オーダーすると謎のスパイシー液体と揚げたてフライ4つほど、そして丸いモロッコパンが出てきます。f:id:itsutabi:20161212220527j:image

 

 

食べた瞬間思わず、

 

 

 

ウッマああああ!!!!

 

 

 

と叫んでしまうジューシーさ。

 

そしてちょうど良いスパイシーと油具合。

 

しかしなんだろう、この懐かしさ。

 

どこかでこの味、この食感、食べたことがあるような・・・

 

 

 

うーん。

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

あ!!!!

 

 

 

ファミチキや!!!

f:id:itsutabi:20161212220933j:image

そう、高校生の下校時にアホみたいに貪り食っていたあの味。

 

まさかモロッコのこんな奥地で出会うとは・・・。

 

ん?

 

店主のおっちゃんはこの道ウン十年のベテランさん。

 

 

 

ということは・・・

 

 

 

ファミマさん・・・

 

 

 

さてはここから味を盗んだね?

 

 

みなさーん、

 

僕は声を大にして言いたい!

 

 

ファミチキの原点はモロッコのフェズです!!!

 

是非、フェズにお越しの際は元祖ファミチキをお召し上がりください。

(フェズはチキンではなく魚ですがね・・・)

 

 

モロッコフード番外編。

 

マーケットで発見した謎の物体。

 f:id:itsutabi:20161212221531j:image

 

なんだこれ・・・?

 

 

地元の人に聞いてみるとこれはサボテンの実らしい・・・

 

サボテンって食べられるの!?

 

 1ディルハム(約10円)で1つ食べてみました。

f:id:itsutabi:20161212221642j:image

 


もぐもぐ。

 

 

もぐもぐ。



種!ほぼ種!だいたい種!

なんだろう、スイカに種を5万個注入した感じですかね?

 

味は瑞々しくて、スイカのさっぱりした感じ。


しかも食後にとんでもないことが発覚!


歯むらさきぃー!唇むらさきぃー!
f:id:itsutabi:20161212221744j:image

 


いやいやティッシュで拭けば簡単に・・・



落ちません。

 

 

困った困った。

この後はちょっぴりセクシーな唇で街を歩くことになるよね。

オネエ系デビューだよね。

割とゲイに好かれるから僕ね・・・

 

 

 

 これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

やっべっぞ!

f:id:itsutabi:20161212223524j:image

 

 

古いですね。

でも僕はもう日本の流行りとか分かりませんから。

この前韓国人の女の子にピコ太郎やってー♪と言われて

「なにそれ?有名?」

と僕が返した時の寒〜い空気が忘れられません。

ははははははは。

 

 

さてさて、そんなことはさて置き、

 

今日の目的地へ到着!

f:id:itsutabi:20161212222044j:image 

ここはフェズで有名なタンネリと呼ばれる革なめしの作業場。

中世からずっと同じ伝統的な手法で現在まで続けられているのだそう。

絵の具のパレットみたいですよね。

 

 

 

すごい重労働なんだろうなぁ。

f:id:itsutabi:20161212222223j:image

夏なんて気温40度近い中でこの作業服を着て何度も何度も革を染料に浸けては出して、浸けては出しての繰り返し。特に夏は革の匂いや染料で悪臭がすごいことになるのだそうです。

こういった伝統を支える職人さんには多く給料を払うべきだと思うけど、そうはなっていないらしいです。

うーん、何とかならないものかな。

f:id:itsutabi:20161212222340j:image

 

職人さんってやっぱりかっこいい!!

f:id:itsutabi:20161212222417j:image

f:id:itsutabi:20161212222453j:image

 

出来上がったレザーは干されて、

f:id:itsutabi:20161212222953j:image

 

加工されてみなさんよくご存知のレザージャケットなどの製品になるわけですね。

ってことでフェズにはレザーショップがたくさんあります。

 

あっ、そうそう。

 

フェズでは「ハマム」と呼ばれるアラブ圏の銭湯に行ってきました。

 

銭湯と言っても日本のように浴場があるわけではなくて、スチームサウナの中で体をゴシゴシする感じです。

f:id:itsutabi:20161212225340j:image

 

僕は宿の体験ツアーで観光客の行かないローカルなハマムに行きました。

 

初体験で入り方が分からない僕はとりあえず水着になって、プロフェッショナルのおじさんにチップを払って色々お願いしました。

 

 

そのプロフェッショナルおじさんが・・・

 

 

あいつに似てるんですよ。

 

 

 

そう、

 

 

 

f:id:itsutabi:20161212230350g:image

キタキタおやじ!

 

 ①おっさんにバケツで熱湯を頭からぶっかけられる。

 

②このう○こみたいなサボンノワールという黒オリーブ石鹸を体にぬりこむ。

 f:id:itsutabi:20161212234644j:image

 

③10分放置プレイ。

 

④うつ伏せでおっさんに体の隅から隅までザラザラのミトンでゴシゴシ&マッサージ。

 

⑤仰向けで同じことをする。

 

この仰向けが鬼門です。

 

なぜならこの仰向けマッサージでは僕に覆いかぶさり両手で同時に僕の両肩から手の先に向けて流れるようなマッサージを施すからです。

 

当然、僕とキタキタおやじの距離は急接近。

 

 

ドキドキ。

 

ドキドキ。

 

近づいていく2人の距離。

 

1m。

 

 

ドクン。

 

 

50㎝。

 

 

ドクンドクン。

 

20㎝。

 

ドクンドクン。

 

10㎝。

 

 

f:id:itsutabi:20161212231948j:image

 

 

 

 

 

 

ちょっと待てーい!!!!

 

なんだこれ、オイ!

 

なんでおっさんとキスする展開やねん!

 

冷静になった僕は何とかキスを回避。

 

しかしおっさんの攻撃は止まりません。

 

僕との顔が最も近くなった瞬間、

 

 

なんでか分かりませんが、

 

 

「キュッ♡」

 

って鳴くんです。

 

f:id:itsutabi:20161212232840j:image

 

なんやねんもう。

怖いわー。

鳴き声に関しては何がどう転んでも必要ないでしょうよー。

おっさんの趣味でしょうよー。

っていうか「きゅっ♡」って時の鳴き声ハイトーンすぎるよー。

怖いよー。

(ちなみにこれは翌日同じところに行ったアメリカ人もやられたと言っていました。笑)

 

⑥シャンプーわしゃわしゃ。

 

⑦顔もミトンでゴッシゴシ。

 

⑧頭から冷水ぶっかけられる。

 

以上で、終了。

 

 

なんていうか、

 

新しい扉が開かれた気がするね。

 

ありがとう、おっさん。

(正直なところ結構気持ち良いのが事実です。笑)

 

それでは、綺麗になった体でサハラ砂漠へGO!! 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村